はじめに サイトの見方 パスタの種類 パスタのゆで方 基本の食材 調理器具 携帯サイト はじめに
パスタの種類


パスタ パスタ パスタ パスタ パスタ
パスタ パスタ パスタ パスタ

とりあえずスパゲティ
パスタにはたくさんの種類があるので、いろいろ試してみるのが良いでしょう。でも迷ったらやっぱりスパゲティが調理しやすいと思います。とりあえずは「原材料:デュラム小麦のセモリナ」「太さ:1.6〜1.7mm」のスパゲティを目指して購入すると良いでしょう。

ショートパスタ
ショートパスタには「ペンネ」「フジッリ」「コンキリエ」「ファルファッレ」「マカロニ」「ラビオリ」「ルマーケ」「オレキエッテ」等があります。他にもたくさんの種類がありますよ。

ロングパスタ
ロングパスタでは「カッペリーニ(〜1.2mm)」「フェデリーニ(1.3〜1.4mm)」「スパゲティーニ(1.5〜1.6mm)」「スパゲティ(1.7〜1.9mm)」「スパゲトーニ(2.0mm〜)」「リングイーネ」「フェトチーネ」「ラザーニャ」「タリアテッレ」等があります。上に同じく他にもたくさんの種類があります。

その他にも
さらに「生の手打ち麺」や「イカ墨を練りこんだ黒色のパスタ」「にんじんを練りこんだ赤色のパスタ」「ほうれん草を練りこんだ緑色のパスタ」や「全粒粉のパスタ」などもあります。どれも調理しやすいですが全粒粉のパスタは風味も食感も独特なのでおいしく作るのは少々難しいでしょう。でも良い調理方があるはず!(僕は10回以上、挑戦しましたが失敗に終わりました・・・涙)

「おうちでパスタ」の書き方について
ロングパスタに紹介した「カッペリーニ」〜「スパゲトーニ」はいろいろな解釈があるみたいです。またレシピにフェデリーニ200gなどと書くと混乱する方もいらっしゃるでしょうから全て「スパゲティ xx mm」といったあらわし方にしています。「おうちでパスタ」のレシピにはその時使ったパスタを乗せていますが書いてある通りにする必要はありません。お好きな種類のパスタを使ってください。別にアーリオ・オーリオがフェトチーネでも良いのです。実際プロの方で何でも0.9mmのカッペリーニ(細いためアルデンテが難しい麺で、技術をアピールしたいと言うのが理由でした)を使う方がいらっしゃいます。その時、他に作る料理や気分で選んでみてください。

パスタの管理
パスタ ジャー開封後のパスタの管理も必要になってきます。そこで便利なのは「パスタジャー」と言うものです。ただこれも、種類が増えてくると「どこのメーカー」で「ゆで時間」が何分で、といったことが分からなくなっていきます。ですからパスタジャーの蓋などにメモを貼っておくことをおすすめします。このサイトをご覧の方はパソコンもプリンタもきっとお持ちでしょうから印刷して貼っておくと見た目もきれいでおすすめですよ。できれば予備のパスタジャーも用意しておくとさらに便利です。



「おうちでパスタ」でよく使うパスタです。(参考にどうぞ)
DE CECCO DE CECCO パスタ各種
日本でも流通の多いイタリア産のパスタです。パスタの種類も豊富でロングパスタからショートパスタまで、幅広くカバーしてくれているのはうれしいですね。僕の家で1.7mmのスパゲティ以外のパスタといえばディ・チェコがほとんどですね。あと入手しやすいイタリア産で他のものでは、「Barilla」「Buitoni」等が有名です。
good-i good-i
ご存じない方もいらっしゃるでしょうが、good-iシリーズはイズミヤオリジナル商品です。「なぁ〜んだイズミヤか。」と思われるかもしれませんが癖がなく使いやすいです。もしかするとこれぞ「おうちでパスタ」気楽に使えるスパゲティです(^o^)丿。それに1kgの大容量タイプも用意しているところがポイントです。がんがん使いましょう。
RYU-RYU RYU-RYU 1.5mm&1.7mm
KOBE RYU-RYU のオリジナルスパゲティです。お気に入りの店で一時期は時間がないときでも毎日、こちらのRYU-RYU苦楽園店に通ったものです。好みの問題ですが僕はここの麺も味も雰囲気も大好きなのです。で、その麺が家庭でもできると言うのはうれしいことです。RYU-RYUオリジナル商品は他にソースもありますよ。


Click Here!


上部へ

上部へ

TOP PAGE
おうちでパスタ