はじめに サイトの見方 パスタの種類 パスタのゆで方 基本の食材 調理器具 携帯サイト はじめに
調理器具


パスタ調理器具 パスタ調理器具 パスタ調理器具 パスタ調理器具 パスタ調理器具
パスタ調理器具 パスタ調理器具 パスタ調理器具 パスタ調理器具

まずはカタチから?
道具は今あるものでも構いませんが、専用のパスタ鍋やパスタサーバはあると便利です。それに見た目もカッコイイです。なんだかキッチンがお洒落になったような気が(でっかい鍋は邪魔との噂も・・・過去、友人に勧めてキッチンが狭くなったと苦情が出たことが・・・)見た目が良くなると、それだけで料理がうまくなったような気がしてきっとパワーを与えてくれるはず!ここではあると便利な調理器具を紹介しますが、もちろんなくてもおいしいパスタは作れます。前にプロの人が、フライパンでスパゲティをゆでているのを見た事があります。結局は工夫次第なんですね。


パスタ鍋 パスタ用鍋
深鍋はたっぷりのお湯が作れてパスタ作りにはとっても便利です。でも僕の持っている鍋はザルの穴の大きさと位置が悪いんですよ(>_<) 鍋にザルをセットしてゆでると、どんなに注意してもスパゲティが穴に詰まる!今は鍋だけ火にかけてザルはシンクに置いて最後にお湯切りをしています。毎回1種類(1回)の麺しかゆでないのであればこの位の鍋で十分ですが、お湯を変えずに何種類(何回)かゆでたいのであれば少し高いですがパスタロボを購入したほうが良いでしょう。
パスタサーバー パスタサーバー
あると無いでは作業効率が大違い。特に深鍋を使用するときは長〜いパスタサーバは必需品ですね。僕は以前、短いパスタサーバを使っていたのですが、もう少しでゆで上がりという時にパスタに届かなかった事があります。アルデンテに慌ててた僕はパニックになって「あとちょっと、あとちょっと」と夢中で短いパスタサーバを熱湯の中へ。いや〜熱いです!並じゃありません!火傷をしないためにもパスタ鍋よりも長いパスタサーバを買ってください。
パスタトング パスタトング
フライパンでソースとあえたパスタをお箸で食器に盛るのは一苦労です。ワークトップにソースは飛び散るし、食器も汚れるし・・・あげくに気づいたらせっかくのアルデンテが台無しに。なんて事にならないようにトングがあると便利ですよ。食卓でも使えますしね。でもステンレス製はフライパン(特にテフロン加工済)の表面を傷付けないように注意してください。食器だって大切なものは注意しましょう。面倒な方は耐熱プラスチック製か木製のものが良いでしょう。
キッチンタイマー キッチンタイマー
他の料理でも使うものだから買っておいて損はないでしょう。特にパスタ料理では数十秒が命取りに!パスタのゆで時間を気にしていたらソース作りに集中できなくなってしまいます。ましてや何時、鍋に入れたのかを確認していなかった場合は、もう麺に付きっ切りでアルデンテを待つしかないでしょう。もしキッチンタイマーを使った事がなかったら初めにタイマーのスイッチを押す癖を付けましょう。癖を付けておかないとスイッチを押し忘れますよ・・・。
チーズグレーダー チーズグレーダー
チーズの塊を削るのに使います。自家製パルメザンチーズを作れるわけです。粉チーズ自体売っていますが、やはり削りたてのチーズは風味も食感も違います。僕が粉チーズ用に良く使うのは「パルミジャーノ・レッジャーノ」で、独特のコクと塩分が魅力でワインにもよく合います。あとは「ペコリーノ」でしょうか。そうそう、このチーズグレーダーはよく切れるので滑って手を切らないように気を付けて削ってくださいね。ちなみに写真にあるのは半円形タイプです。
パスタメジャー パスタメジャー
絶対必要かと聞かれると?な道具ですが初めは必要かもしれません。普通のはかりに乾麺を乗せるとボロボロと落ちてしまうので・・・まぁ〜慎重に乗せれば済む話ですが。ただ初めは量がわかりにくく、知らないときに目分量でスパゲティをゆでるととんでもない量になってしまいます。どんな方法にしろ麺の量は量ったほうが良いですね。慣れてくれば手でつかむだけで分かるようになりますよ。僕の家ではすでにオブジェとなっています(^O^)
その他のパスタ道具 その他
大きめのフライパン : ソースとからめるときは大きめの方が作業しやすいです。
へら : ソース作りに欠かせないものです。
キッチンバサミ : たかのつめを切るときなどに便利です。
大きめのボール : 火を使わずにソースを作るときに便利。




上部へ

上部へ

TOP PAGE
おうちでパスタ